おすすめの本

ワンネスへの道でおすすめしている本をご紹介いたします。
BASHARのシリーズは、バイブルのように何度も繰り返し読む事をお勧めします。

BASHARシリーズ

ダリル・アンカ・バシャール 関野直行(訳)Voice.喜多見龍一
現在発売されているのは。。。VOICE新書 BASHAR バシャールペーパーバックシリーズ(1)~(8)です。

BASHAR(1)
ワクワクが人生の道標となる。
BASHAR(2)
人生の目的は「ワクワク」することにある。
BASHAR(3)
ワクワクするとき、人はもっとも多くを学ぶ。
BASHAR(4)
ワクワクこそが、人を深く癒す力がある。
BASHAR(5)
望む現実を創る最良の方法はワクワクを行動すること。
BASHAR(6)
ワクワクを生きると自然に「いま」を生きられる。
BASHAR(7)
ワクワクとはあなたの魂に打たれた刻印である。
BASHAR(8)
ワクワク、それは人生に活力を与え続ける機関車。

BASGAR「ゴールド」2011年発行

(BASGAR6より抜粋)

  • イメージしているとき、あなたはその現実の波動となるのです。自分の中から湧き出る願望はその波動が活性化していることを教えてくれます。では、ほとんどの人はそこでやめてしまいます。そこまでいくと、今まで持っていた古い多くの観念がパチッとショートしてしまいます。イメージからフィーリング、そして行動へと行く代わりに、イメージから疑いを感じるほうへ行きます。

(BASHAR5より抜粋)

  • 成長する過程でいろいろな挑戦がやってきますが、必ずしもそれは、痛みであったり努力である必要はないということです。そしてもうひとつ「そんなにあわてる必要はない」ということです。自分が変わるのにかかる時間は非常に価値あるものなのです。
  • いまここにいる自分を精一杯生きることが、自分の行きたいところにいく一番の近道です。100%いまここにいることを自分で望んだとき、自分の行きたいところにすべて行けます。
    いま自分自身がいるところに、100%いるとき、その自分の中にすべてが含まれているのがわかります。それによって人生の流れに乗ることができ、努力なく、楽しく生きていくことができます。
  • 自分がいまいるところで100%生きるとき、皆さんの波動が加速します。

魂の伴侶

魂の伴侶 ブライアン・L・ワイス著 山川紘矢、亜希子(訳)/PHP文庫
貴女と彼は前世からずっと繋がっていたソウルメイトであることがかかれています。

(魂の伴侶より抜粋)

  • ソウルメイトに出会えるかどうか、心をわずらわしてはならない。こうした出会いは、運命なのだ。ただ起こるべくして起こるのだ。出会ったあと、二人の自由意思の問題となる。
    どんな決心をするかは、自由意志の問題であり、選択の問題なのだ。まだあまり目覚めていない人は、理性とそれが持つ恐れと偏見に基づいて決心するだろう。残念ながら、これはしばしば、心を痛める結果をもたらすものだ。二人が目覚めていればいるほど、愛に基づいた決心がなされるだろう。二人とも完全に目覚めている時に、至福は彼らの手の内にある。
  • 魂同志の認識が瞬間的に起こることもある。突然親しみの感情が湧き上がってくる。意識のレベルの計り知れない深い場所で、今出会ったばかりの人を知っているという気がする。
    もっとも親密な家族に対するものと同じ深さか、さもなければ、それよりもずっと深い所で、感じる感覚だ。そして直観的に何を言えばよいか相手がどんな反応をするかも知っている。一日いや一週間または一か月で獲得できるよりずっと深い信頼と安心が一瞬のうちに生まれる。魂の認識は、かすかにそして、とてもゆっくり起こることもある。
    まるでベールがゆっくりともちあげられるように。